Luftschloss -ドイツのラピュタ?-

もしも億万長者になったら、豪邸に住んでいたら、セレブたったら、そんな手の届かない状況を夢見たことはありませんか?

ドイツ語にはそのような事柄を表す言葉としてLuftschloss(文字通り:空気の城)があります。

成り立ち

ドイツ語でdie Luftは『空気』です。しかし、ここでは空中・空の意味としても解釈することができます。そしてdas Schlossは、『城』です。

Luftschlossの語意

空気の城・空中の城と日本語からも想像できるとおり、これは手の届かないような、実現しそうもない夢や野望です。

夢が大きくていいじゃないか!という意味合いよりも、そんな非現実的なことばかり考えるとは、時間の無駄だ!というようなネガティブな意味合いを持っています。

Luftschlossの語源

語源は15世紀から16世紀まで遡ります。

当時、白昼夢で色々と起こりそうにない事まで想像している人に対して『君は空に/空気中に城を建てているね』という言い方をしていたところから、名詞のLuftschlossが生まれ、現在のように使われるようになりました。

蛇足

英語ではdaydreamという言葉がよくつかわれます。日本語の白昼夢とは、何となく意味合いが違うような気がします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *